鉄道旅行のブログ

鉄道とかで行く孤独なひとり旅

【2018-19年鉄道で日本縦断旅行】-11日目(終着駅)

2018-2019年年末年始に行った鉄道日本縦断旅の記録です。

本日は旅行11日目にして、ついに旅の終着駅に到着します。

 

【2019年1月2日(水)】-11日目

f:id:yusiki:20190428191108j:plain

夜明け前の鹿児島中央駅

 朝4時に起床。元旦に徹夜移動した疲労感が残る中、シャワーを浴びて宿を出発。

鹿児島中央駅の改札で「青春18きっぷ」4日目のスタンプを押してもらい、また新しい1日が始まります…

 

 (65)指宿枕崎線 普通 4両 山川行き 4:51鹿児島中央→6:03山川

f:id:yusiki:20190428191116j:plain

前2両クロスシート、後2両ロングシート 乗客は数人でした


 列車は一面の闇の中、時折錦江湾に浮かぶ漁船を見ながら終着駅へと進みます…

定刻通りに山川駅に到着。九州で日の出が遅いので、まだ真っ暗闇のなか次の列車を待ちます。

 

f:id:yusiki:20190428192349j:plain

1月2日早朝、山川駅にて

 

(66)指宿枕崎線 普通 1両 枕崎行き  6:13山川→ 7:18枕崎

f:id:yusiki:20190428192355j:plain

この1両編成の短い列車が、日本縦断の最終列車です

 

 終点の枕崎駅には日の出後の午前7時18分に到着。

終着駅周辺は住宅街で、南側にロータリーがあるほかに目立ったものは特になく、休日の静かな朝の風景でした。

 

f:id:yusiki:20190430112938j:plain
f:id:yusiki:20190430112900j:plain

 

 これにて、北から南まで約3,000km、鉄道で縦断するという旅行を達成することができました。

最北端の街(稚内)と最南端の街(枕崎)まで、頑張れば「青春18きっぷ」1枚(5日間)で行けるようですが、今回はのんびりと11日間かけての到着となりました。

 

f:id:yusiki:20190430113004j:plain
f:id:yusiki:20190430113107j:plain
最南端の線路

 

f:id:yusiki:20190430120249j:plain
f:id:yusiki:20190430120255j:plain
f:id:yusiki:20190430120305j:plain
f:id:yusiki:20190430120325j:plain
枕崎駅にて

 

 この旅を終えた余韻に浸りながら、枕崎には40分ほど滞在しました。列車の本数が少ないので、折り返し運転する同じ列車に乗車して、終着駅を後にします。

 

(67)指宿枕崎線 普通 1両 指宿行き 7:38枕崎→8:31西大山

f:id:yusiki:20190430121657j:plain

さっき乗った列車と同じ

 

f:id:yusiki:20190430123818j:plain
f:id:yusiki:20190430123939j:plain
最南端の車窓

 小一時間ほどで立ち寄り地の西大山駅に到着。終着駅は「枕崎」でしたが、現在のJR日本最南端の駅はここ「西大山」です。

f:id:yusiki:20190430124252j:plain
f:id:yusiki:20190430123854j:plain

 

 駅前は観光客用の駐車場と土産物店が1軒あるほかは、のどかな田園地帯が広がっています。土産物店に立ち寄り、豚汁と焼き芋を食します。この時の天候は曇り、気温8℃とそこそこ寒かったので、冷えた体に染みる旨さでした。

 

f:id:yusiki:20190430125134j:plain
f:id:yusiki:20190430125150j:plain
f:id:yusiki:20190430125146j:plain
f:id:yusiki:20190430125233j:plain
田園と花畑が広がる西大山駅

 

 西大山駅も訪れることができたので、これにて日本縦断の旅もおしまいではありますが、「青春18きっぷ」も本日分とあと1日分残っています。帰路もこれを利用して、関西まで移動したいと思います。そう、旅はまだまだ続きます…

 

(68)指宿枕崎線 普通 指宿行き 9:10西大山→9:26指宿

f:id:yusiki:20190430125314j:plain

 

指宿までは僅か16分で到着。南国感のある駅前です。

f:id:yusiki:20190430131405j:plain

 

指宿といえば砂蒸しということで、駅から20分ほど歩いた「砂蒸し会館 砂楽」にて砂蒸し風呂を体験します。程よい暖かさで蒸されて良いひとっ風呂でした。

 

f:id:yusiki:20190430131335j:plain
f:id:yusiki:20190430131347j:plain
1月2日でしたが朝早かったため比較的空いていました。

 

 (69)指宿枕崎線 普通 2両 鹿児島中央行き 11:27指宿→12:38鹿児島中央

f:id:yusiki:20190430131429j:plain

2両編成ロングシート


車窓からは、今朝来る時に暗くて見えなかった錦江湾桜島を望みます。

f:id:yusiki:20190430143109j:plain

 

(70)日豊本線 普通 2両 都城行き 13:11鹿児島中央→14:40西都城

f:id:yusiki:20190430143924j:plain


宮崎県に入る頃には天候も回復して快晴になりました。

f:id:yusiki:20190430144011j:plain

 

次に乗車する列車の始発駅であるため、終点の1つ手前の西都城駅で下車。売店も何も無いけど広いホームの高架駅でした。

 

(71)日豊本線 普通 2両 宮崎行き 15:01西都城→15:56南宮崎

f:id:yusiki:20190430143758j:plain


車内も空いていて、ここで鹿児島中央駅で購入した駅弁「薩摩黒豚弁当」を頂きます。なかなかのボリュームで腹いっぱいになりました。

f:id:yusiki:20190430144419j:plain
f:id:yusiki:20190430144427j:plain

 

ここでも終点の1つ手前の駅、南宮崎で下車して宮崎空港行きに乗り換え。この区間(正確には宮崎~宮崎空港間)は「青春18きっぷ」の特例で特急列車に乗車できる数少ない区間でしたが、残念ながら次に来る列車は普通列車でした。

 

(72)日南線(宮崎空港線直通) 普通 2両 宮崎空港行き 15:07南宮崎→16:15 宮崎空港

f:id:yusiki:20190430144437j:plain

 

宮崎空港での乗り換え時間を利用して、猛ダッシュで空港内売店でお土産を購入。再び宮崎空港から大分方面へ向かう列車に乗り換えます。

f:id:yusiki:20190430145225j:plain

空港は帰省客と南国感で溢れていました。

 

(73)宮崎空港線(日南線日豊本線直通) 普通 2両 延岡行き 16:29宮崎空港→18:13延岡

f:id:yusiki:20190430144652j:plain

逆行が眩しい

 

この列車は宮崎を直通して延岡まで行ってくれるので、これに始発駅から座って乗るためというのが宮崎空港に来た理由です。南宮崎駅・宮崎駅では結構な乗客が乗ってきたので、このルートは正解でした。

f:id:yusiki:20190430145940j:plain

再び車窓から太平洋を望みます


宮崎の大地を颯爽と駆け抜けた列車は夕暮れ後の18時13分に延岡駅に到着。駅前は真新しい書店・カフェなどが入っていてシャレオツな感じです。

f:id:yusiki:20190430150143j:plain

 

 事前に調べてはいましたが、延岡駅から大分県佐伯駅の間は列車の本数が壊滅的な状態で、普通列車は1日に2本のみ。しかも朝6時台の始発と19時台の終電のみで、日中は特急が1時間に1本あるという状態です。

 

青春18きっぷ」のみでこの区間を攻略するには、延岡で1泊して始発に乗るか、今回の様に終電を目指して来るしか無く、全国でも屈指の難所であることに間違いは無いでしょう。逆に普通列車の運行が残っているだけでも奇跡的かも知れません。

 

f:id:yusiki:20190430150220j:plain

普通列車が‥無い‥

 

 次にやって来た列車は特急「にちりん」などに使われている車両で、形は明らかに特急ですが、行先は「普通 佐伯行き」。青春18きっぷのみで特急型車両に乗車できるお得な区間でした。

 

(74)日豊本線 普通 佐伯行き 4(1)両 19:33延岡→20:44佐伯

f:id:yusiki:20190430151440j:plain

特急車両ですが普通として運行 前方1両のみ乗車可能
f:id:yusiki:20190430152057j:plain
f:id:yusiki:20190430152103j:plain
特急と同じ座席 快適な車内でコンビニ肉まんを食します。


70分ほどで大分県佐伯駅に到着。看板などが古く、昭和の雰囲気を遺す駅でした。

ここで普通列車に乗り換えます。

f:id:yusiki:20190430180904j:plain

(75)日豊本線 普通 2両 大分行き 21:12佐伯→21:54臼杵

f:id:yusiki:20190430181246j:plain

 

 佐伯(さいき)と臼杵(うすき)がややこしいですが、途中の臼杵駅で下車して四国行きのフェリー乗り場を目指します。

f:id:yusiki:20190430181452j:plain
f:id:yusiki:20190430181501j:plain

 

フェリー乗り場には徒歩15分ほどで到着しましたが、次のフェリーは1時間半後だったので、誰も居ないけど広くて待合室でコンビニ飯を食します。(暖房が無くて寒かった‥ 外気温は5℃)

 

宮島以来のフェリーです。

九四オレンジフェリー(臼杵八幡浜)23:55発→2:15着

f:id:yusiki:20190430182044j:plain
f:id:yusiki:20190430182057j:plain
臼杵港→八幡浜港 1名乗船料金:2,310円

 

 船内は車での乗客はそこそこいましたが、徒歩は私1人でした。係員に連れられて、とぼとぼと車の乗車口脇を歩いて乗船します‥

乗船後は直ぐに横になって爆睡して、旅行11日目は終了です。次回(12日目)でこの旅の記録は最後になります。

 

 【11日目旅程・出費】

鹿児島中央→枕崎→西大山→指宿→宮崎空港臼杵臼杵

交通費:2,310円(フェリー:臼杵八幡浜、鉄道は全て青春18きっぷ利用)
宿泊費:0円(船中泊)
食費:2,385円
温泉(砂蒸し):1,080円